祖母が亡くなり、父がお墓を建てたいということでお墓探しを手伝いました。

元々、父は広島県の出身で、祖母も亡くなるまで広島で暮らしていました。祖父はすでに他界しており、祖母が自宅に遺骨を置いていました。仲の良い夫婦で、「同じタイミングでお墓に入りたい」という祖母の願いだったとのことです。

現在、父は八王子で暮らしています。このため、お墓は八王子の近隣エリアで探そうということになりました。

父に頼まれて、私がインターネットで情報を集めました。お墓探しサイトを複数調べたところ、多摩地区は綺麗で価格も手ごろな霊園が多く、八王子からも出やすいので多摩地区で霊園探しを提案しました。

最初は乗り気だった父でしたが、しばらくすると「一回考え直したい」と言い始めました。よくよく話を聞いてみると、お墓を建てることで私に将来的な負担をかけることになるのではないかと考えたようです。

私は一人娘で、結婚して苗字が変わっています。お墓を建てたとして、両親が亡くなった後は私がそのお墓を継ぐことになり、そうなると嫁ぎ先の家のお墓のこともあるし負担が大きくなるのでは、と父は心配したようです。

そこで、多摩地区には永代供養墓や樹木葬など、後継ぎが必要無いタイプのお墓もあるということで、そちらも検討することにしました。

いくつか霊園を見に行き、家族で相談し、最終的には比較的新しい霊園で石のお墓を建てることに決めました。

父と話していて、「やっぱり石のお墓がいいのでは?」と思うことが何度もあり、できれば父の希望通りにしたいという気持ちがあったことと、その霊園には永代供養墓もあり、後継ぎがいない場合はそちらへ遺骨を移して供養してもらえるシステムが整っていたからです。

これなら、たとえば祖父母の遺骨を埋葬して、将来は両親もそこに入った場合、私がお墓を継がないと決めて墓じまいをするとしても、同じ霊園で永代供養してもらえます。

この安心感が大きく、値段も100万円を切るくらいだったので、両親と相談してここに決めました。

やっぱり父は石のお墓が良かったようで、この霊園に決めたときにとても嬉しそうな、それでいてホッとしたような顔をしていました。私もそれを見て、なんだかホッとしました。

比較的安価にお墓を買えるのは公営墓地

今までに、終の棲家について考えたとはありますか。
おそらく、大半の人は若いうちに家族を亡くした経験がないと、考える機会が中々ないのが現実であろうと思われます。

最近、新聞や雑誌などを読んでいると、葬儀ビジネスの話題を耳にしない日の方が珍しくありませんし、お墓についても正に当てはまります。

お墓を建てる時に必要な費用は、大きく分けて「建てる前にかかる費用(永代使用料)」・「建てる費用(墓石代や工事費)」・「建てた後の費用(維持管理費)」がかかります。

永代使用料は、公営墓地や共同墓地なら比較的安価ですが、寺院墓地になると場所によっては100万円を超えますので、比較的安価な公営墓地は人気があります。

最近、住んでいる市でも、公営墓地の応募がありましたが、募集枠に対して2倍以上の応募者が殺到した話を聞きまはしたので、公営墓地のニーズは大きいものではないでしょうか。

寺院墓地は、ビジネスと同じで利益を得ないと、たちまち経営が成り立たたなくなりますので、永代使用料も高価なところが多いのです。

坊主ビジネスは、経験が浅いうちは経営が凄いキツイらしいですが、経験を積むと儲けやすいのは事実であり、近所にも墓地の敷地を広めたりしている寺院もあるほどですね。

お墓を建てる時の墓石代は、ピンからキリまであり、安いものであれば50万円台ですが、高級墓石になると1,000万円を超えるものもありますので、色々とお金がかかります。

公営墓地の募集は、自治体の広報紙やホームページなどに掲載されますので、墓地購入の参考にはいかがでしょうか。お墓かかる費用がぐっと節約できますよ。