お墓探しは大仕事

親が亡くなった、自身が死亡した時のために、他の地域から親や先祖のお墓を移すなど、お墓探しは多くの人が遭遇する人生における大きな仕事です。
お墓探しにあたってはいろいろと調べなければなりませんが、多くの人が最も知りたいのは立地場所と価格の関係ではないでしょうか。
現在、東京近郊で最も人気の高い多摩地区を例に調べてみました。

多摩地区の霊園の概況

多摩地区には公営と民間合わせて約60か所の霊園がありますが、公営墓地は人気が高くすでに区画がすべて埋まっているケースがほとんどです。それに対して寺院などが経営する民間霊園は、まだまだ申し込み可能です。
これらの霊園は、以下のような特徴を持っています。

  • 宗教宗派を問わない
  • 一般的な1.0㎡から1.8㎡の区画以外に、広めのゆとり墓地も選べる。
  • 芝生墓地区画もある。
  • ペット共葬可の霊園がある。

多摩地区の霊園の価格

一般的な広さで人気の高い1.0㎡から1.8㎡の区画の価格を調べました。

永代使用料

霊園により30万円から80万円ほどと幅があります。

墓石代

こちらも墓石の種類や大きさによって60万円から170万円程度です。

総額

永代使用料と墓石代の合計は90万円から250万円と幅がありますが、おおよそ平均は150万円から200万円のようです。

その他に、年間管理料が1万円程度必要になります。

納得できるお墓を見つけよう

予算的な問題ももちろんですが、お住まいからのアクセス、自分や家族の墓地に対する考え方などを総合して選びたいものです。

そのために、数多くの霊園を見学して決めることをお勧めします。